She is worried

用法用量を守ろう

a woman tired

アフターピルは主にその時その時に飲むようにすればOKなものとなりますが、低用量ピルの場合はちゃんとしたルールに基づき飲み続けることが大切になります。今回は特に一般的に一番よく飲まれている低用量ピルの飲み方にフォーカスして話をしていきたいと思います。まずアフターピルとの大きな違いは、毎日飲まないと効果を得られないということです。基本的には毎日一錠ずつ飲むようにし、21日間飲んだから一週間の休息を取ります。そしてその後はまた再度21日間ピルを服用するといった形になります。また、出だしのタイミングとしては月経が来た日に飲むこと。これが原則です。効き目に関しては個人差がありますが、低用量ピルを飲み始めて少なくとも一週間はコンドームをつけてのセックスを強くおすすめします。また、時には飲み忘れてしまうということも人によってはあると思いますので、ピルを何時に飲むようにするのかを必ず決めておくと良いでしょう。おすすめなのは、晩御飯の後に飲むことです。ご飯後に設定することでルーティーン化しやすくなり、さらにはご飯後だとピル服用時に起こる副作用をさらに軽減させやすくすることも出来たりします。副作用に関しては万が一起こったとしても一時的にしか発生しないので、あまり気にすることもありません。ただしもし長期間に渡り副作用が続くようなら一度病院で診てもらうことを推奨しておきます。そして万が一ピルを飲み忘れたら、24時間以内に必ず飲むようにしてください。24時間を超えてしまった場合は次の月経を待ってから飲むと良いでしょう。